本好き

小さい頃から本が大好き。
通っていた、全校180人程度の僻地の小学校の図書室にはほぼ毎日通いつめた。
借りてもいい限度の3冊をとっかえひっかえ。
あの、小さな図書室の古ぼけた本の匂いも大好きだった。

大学に入った頃から本を読むことから遠ざかっていた。
東京で仕事しているときに、通勤電車の中で単行本程度は読むようになった。
母親が病気で倒れて、九州の実家に帰ってから、看病でしばらく仕事をせずにいたとき、家の近くに市立図書館があることに気づいた。
それから毎回限度の5冊を借りてはいろんな本を読んでみた。
お金もなかったし、看病とはいってもそうずっとつきっきりというわけでもなかったので、時間が余っていた私はそれこそ、中学や小学校以来と言っていいほどたくさん読んだような気がする。

具合が良くなってからそんな私に気づいた母が
「小さい頃から本当に本を読む子だったわね」
と笑った。

カナダに来てからも数冊読んだけれど、今読んでいるのが、これ。
Where the Heart Is



17歳の妊婦の主人公が、彼氏に見知らぬ街のウォル・マート(全米チェーンのスーパー)に置き去りにされ、そこで数ヶ月ひっそり暮らしていくというストーリーで、まだ途中なんだけど、スーパーのまん前で赤ちゃんを産んだりする。
けなげな主人公に涙を誘われてしまう。
映画化されて、日本でも「あなたのために」というタイトルでナタリー・ポートマン主演で上映されていたみたい。
果たして、ハッピーエンドで終わるのか?
[PR]
# by pixonthebeach | 2005-06-07 14:03 | life....

かわいい弟

福島にいる弟とはたまにメールでやりとりする。
ちょっと前にいきなり「姉ちゃん、日本から何か欲しいものある? 送るよ」とメールがきた。
最近日本食が恋しくてしょうがない私はすぐに「ラーメン~! 日本のお菓子~!」とリクエスト。
そしたらその後こんな内容のメールが来た。
「国際便って高いんだね! 大量に送ろうと思ったら送料超高くて無理だった! ちょっと減らしてまた送る」
そうそう、送料が高いからそんな大量に送らなくていいよ、ほんとちょっとでいいから、と返事をしたら、今朝、その弟からの荷物が届いた。
もっともっと小さい箱で来るんだと思っていたら、まだ大きい!
中を開けてびっくり、これまた大量に入っている。
プリングルス? ん?
こっちでも買えるじゃん、と思いながら弟の優しさにちょっと涙した姉だった。
ありがとねー。

b0070589_225726.jpg

[PR]
# by pixonthebeach | 2005-06-04 02:26 | life....

ベーグル好き

ベーグルが大好きな私は、ベーグルショップはもちろんスーパーなどで1つ単位で買えるもの(袋にまとめて入ってるのじゃなくて)があればちょくちょく買う。
こちらもいろんな種類のベーグルがあるけれど、よく買うのはプレーンとシナモン&レーズン。
だいたいプレーンでそのお店の味がわかるかな、って思う。
シナモン&レーズンはだいたいどこで買ってもおいしいんだけど、プレーンはシンプルなだけに結構当たりはずれがあったりして。
おいしい、と評判のベーグル屋さんにも行ったり、いろいろ試してみたんだけど、今現在で一番おいしいと思うのは意外と近所のスーパー、全国チェーンのSafewayのベーカリーのものだったりする。
これ、写真でお分かりの通り、つやが違う!
きめが細かくて、少し甘い感じがして、いつもサンドイッチを作るんだけど
うまあ~~~~~い
んだな。1個59セント。日本円にして約50円するかしないか。
たまに2個で1つの値段とか、4つで1ドル98セント、なんてのをやってたり。
どこの店舗でも一緒なのかな? でなけりゃ引っ越したらここまで買いにこなきゃ、だ。
写真は本日のお昼ご飯なり。

b0070589_14312521.jpg

[PR]
# by pixonthebeach | 2005-06-04 01:28 | life....

殴りました

ルームメイトのAとケンカした。
詳しい理由は書かないけれど、彼と私の間には根本的な考え方の違いがある。
それはいいとしても、頭にくるのは彼が自分の考え方を他の人にまで押し付けようとするところだ。そして、自分に非があっても、それを絶対に認めようとしない。
彼の中には、絶対的に自分が正しい、という考えがあって、他人がそれを指摘すると切れる。

お前の考え方は論理的じゃない」と彼は言う。
でも、世の中には、論理だけでは成り立たないこともたくさんある。
論理的に考えれば、彼の言い分は正しいかもしれない。
でも、そこに愛情とか、義理人情とか、思いやりが入ると、論理だけが全てじゃないということは、多くの人が理解するところだと思う。
でも、彼にはその考えはない。
これまでに同じ過ちを何回も犯していて、そのたびに私や、他の誰かが指摘すると「でも自分はこうだから、こういう性格だから」と。
経験から学んだり、自分を変えようとはしない。
私から見れば、彼の論理はただの屁理屈にしかすぎない。

そして彼はあることを言って私の中の地雷を踏んだ。
ぷち
と本当に音がしたような気がした。
190センチはある彼を殴った。
しかもグーで。
思いっきり3回。
小学校以来だ。
あ~頭きた。
すいません。今回は本当にタダの愚痴です。
人を殴ることは良くないことです。
良い子の皆さんは真似しないでください。ほんっと、すいません。
[PR]
# by pixonthebeach | 2005-05-31 13:46 | life....

かっこいいな、と思った台詞

こないだテレビで映画「キャストアウェイ」をやっていた。
飛行機事故で1人だけ助かり、無人島にたどりついたジャック(トム・ハンクス)。
彼のフィアンセも仕事仲間も誰もが皆死んでしまったものだと思っていたけれど、4年もの間、彼はこのほとんど何もない、少しの木々が茂るだけの小さな無人島で生き延びる。
肉体的、精神的なサバイバル。
ちょっとありえないようなストーリーだけど、トム・ハンクスの演技力に脱帽した。

さて、最後の方で、彼が言ってた台詞がちょっと印象に残った。
無人島で、何度も死んでしまいたいと思いながらも、孤独と戦いながら生き延びたことを振り返るジャックの言葉。心にしみます。

You've gotta keep on breathing.
Cause you don't know what waves bring to you.

意味は:
(どんな状況にいても)息をし続けなければならないんだ。
だって、波が何を運んでくるかわからないからね



[PR]
# by pixonthebeach | 2005-05-28 10:21 | music/movies/tv