<   2005年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

日本車神話

こちら北米でも車といえば日本車。
中でもやっぱり一番人気なのはトヨタ。
ルームメイトが去年トラックを探していて、ずっとトヨタが欲しいと言ってたんだけど、そのあまりの入手困難さにギブアップ。結局他社の車を買うことになった。
ルームメイトが欲しがっていたのはToyota Tacoma、北米限定生産。
新車でも22000ドルから40000ドルくらい(日本円で200万から400万弱)なので、そこまで高くないといえばそうなんだけれど。
中古でも滅多に出てこない、出てきたとして、まずマイレージが少ないものはない。
ちょっと検索してみたら2001年のモデルで98000キロ走っているのにも関わらず、中古で27000ドル(250万くらい)したり。10万キロ走った5年前くらいのものでも100万円を下ることは絶対にない。

そこまで人気のトヨタ車。このトラックは特に人気みたいなんだけど、ちょっと前にこんなニュースがあった。
アメリカのどこかの都市で、おばあちゃんが何年も前のトヨタカローラをディーラーに持ってった。下取りに出して新しい車を買うために。ところがそのおばあちゃんのカローラ、なんと走行距離が100万キロ!
ディーラーはどうしたか、というと、なんとおばあちゃんにぴかぴかの新車をタダであげた。
なんでか、っていうとトヨタ車は100万キロ走れるくらいすごいんですよ、という宣伝になるから、だって。

で、昨日もう一人のルームメイトも中古でトヨタのクルセーダ(Cressida)っていう92年で生産中止になった車を買ってきた。82年もので、15万キロ走っているんだけど、前のオーナーがすごく大事に乗っていたようで、23年前のものとはとても思えないくらいのきれいさ。
当時のラグジュアリーモデルだったみたいで、ちょっと古めのVolvoって感じかな。ピンプっぽい感じでもあるけれど…ルームメイトはこの車を来月彼女と旅行に行くのに使った後は売るとか言っていて、あまりのコンディションのよさに、「お前が買えば?」と私にすすめてきた。
話を聞いただけだと「え~」って感じだったけど、実際見たらかなり良かったのでちょっと考えてみようかな…なんちて。

ちなみに、写真の車は関係ないんだけど、これがCressida。

[PR]
by pixonthebeach | 2005-06-29 07:31 | weird....

Musical Baton

友達からいきなり回ってきた「Musical Baton」。
チェーンメールみたいなもんか?
とちらっと思ったけど、せっかくなので、だまされたつもりでやってみます。

Musical Baton とは・・・・
・海外のブログに端を発する、音楽に関する企画。
・音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の5人を選びその人にバトンを渡す、というルール。
http://d.hatena.ne.jp/keyword/Musical%20Baton
だって。

①PCに入ってる音楽ファイルの容量 
  → 0MB・・・Kazaaを入れてダウンロードしてたんだけど、いきなり調子悪くなったので全曲削除した
②いま聴いてる曲 
  → 曲名不明 クラシック
③最後に買ったCD
  → K-Os
④よく聴くor特別思い入れのある5曲
  → With or Without You (U2)
     Lose Yourself (Eminem)
     What I Got (Sublime)
     Where is my mind? (Pixies)    
     Award Tour (A Tribe Called Quest)

⑤バトン渡す5名
    Umamai
    saya
    ドクターFeelGood
    jaguarmen99さま…(すいません、勝手に指名させていただきました…もし無理な場合はお知らせください)
    最後はMIXIの方で noriko(見てくれてるかなー)

ブログを持ってる知り合いなどがあまり回りにいないので、バトン渡す人に悩みました。
よろしくお願いします~!!!
[PR]
by pixonthebeach | 2005-06-28 12:23 | music/movies/tv

裸で自転車

裸つながりで、つい数週間前にはこんなイベントもありました。
Naked Bike Ride
その名の通り、裸で自転車に乗って行進する、というイベントです。
このサイトの写真とか見てるとちょっと怖いものがあります。
カレンダー発売中。
[PR]
by PIXONTHEBEACH | 2005-06-24 02:10 | weird....

裸でビーチ

バンクーバーには、知る人ぞ知る「ヌーディスト・ビーチ」がある。
地図で調べてみたら、ビーチの存在する場所にその名前なども記載されていなかったので、シークレットゾーンなのかもしれない。初めてバンクーバーに来たときにも、友達が「あの辺にあるんだよ」なんて話していたので、なんとなく場所は知っていたけど、入口などもちょっとわかりにくい。

去年、知り合いのシンガポール人の女の子に誘われて、興味半分で行ってきた。
平日だったけど、ビーチにはたくさんの人があふれていた。おお、いるいる、素っ裸の人が。たくさん。
知り合いは早速私の横で素っ裸になって、気持ち良さ気に日光浴。私はその横で服を着たままちょっと固まっていた(笑)。改めて見渡すと、かなりの数の人がすっぽんぽん。老若男女、いろいろいる。男性はどっちかっていうとゲイの人が多いみたい。それに混じって、中国人の冷やかし(ものめずらしさ&ただのスケベ)のおやじ観光客がわははと笑っている。

最初に座っていた場所があっという間に込んでしまったので、知り合いと2人、少し離れた場所へ移動することにした。すると、遠くから50代くらいのおじさん(もちろんすっぽんぽん)が近づいてきた。座ってる私達に対して彼は立って話をし始めたので目のやり場に困る
「場所を移動したようだけど、へんな人がいた?」
そう、実はこのおじさん、ビーチのパトロールなのであった。やっぱり裸の人を目当てに多くの変質者が来るらしく、このビーチが荒れたりしないように、見回ってるらしい。それに、ここでは、屋外では飲むことができないビールやアルコールの販売をしている人がいる(もちろん裸で)ので、しっかりしたコミュニティがあって、管理などを行ってるとのこと。
おじさんが去って、再び辺りを見回すと、素っ裸で本を読む人はもちろん、大きな絵を描いている人、ギターを演奏する人…いろいろいる。

しばらくして、私達から1メートルくらい離れたところに男性が1人、座った。服は着ているようだった。ちょっとすると、かすかな声で「ちょっとすいません、ちょっとすいません」と聞こえてきたので、読んでいた本から顔を上げるとその男性だった。インド系の、20代中ごろといった感じ。Tシャツを着ている。
「今、何時かわかる?」と聞かれたので、時計を見て時間を教える。
それからしばらくすると、また彼がぼそぼそとこちらに話しかけてくるのがわかったけど、今度は聞こえないふりをした。彼に近い方で横になっていた私の知り合いが彼の言うことに答えていた。そのうち彼女が
「知らないってば。そんなの私の知ったことじゃないし」
と少し強気で言うのが聞こえた。それでも彼はしつこく「いいから、どう思う?」と言っている。なんの話をしてるんだ?
彼はその会話の後、立ち上がり、私達の前を横切って他の場所へと歩いていった。立ち上がった彼の後姿を見たら、
上はTシャツで下すっぽんぽん
ヘンなヤツ。
と思いつつ、知り合いに何を話していたのか聞いたら、
自分のあそこは小さいと思うかってしつこく聞かれた」とのことだった。
よくいる変質者の1人っぽい。
てか、小さいと思ってる人間が下だけ何もつけずにうろうろするか?
あっ、失礼しました…
写真がなくてごめんなさい。でもバンクーバーに来た折、行ってみたいと思う方は案内しますよ。笑。
[PR]
by pixonthebeach | 2005-06-22 02:31 | weird....

テリー・フォックスの続き

テリー・フォックス

こないだカナダのヒーローテリー・フォックスについての日記の中で、5月にカナダで彼の功績を記念した1ドル硬貨が出たと書いた。
でも、なかなか手にすることがないとも。
で、つい2日前、「ハウルの動く城」を観に出かけたとき、帰りに寄ったスーパーのおつりの中にキラキラするコインを発見。
もしや、これは…?

やっぱりぃ~~~~!
そうでした。
手に入りました。
記念にちゃんととっておくつもり♪

b0070589_5145763.jpg

[PR]
by pixonthebeach | 2005-06-18 05:14 | メイド・イン・カナダ

Howl's Moving Castle

Howl's Moving Castle」を観てきた。
ご存知の通り邦題は「ハウルの動く城」。

英語吹き替え版だったので、日本語版を観たことのない私には違いがわからないけれど、面白かったと思う。
確か日本語版ってキムタクがハウルの声なんだよね?
英語版のハウルの声も結構有名な俳優さんがやってたみたいで(私は知らないけど)、一緒に行った友達は「ああ、あの人だったんだ」と驚いていた。
近頃の北米のアニメはもうほとんどが3Dなので、純粋な2Dのアニメはちょっと新鮮。
ハウルの城なんかはそれでもすごく立体感あったけどね。
個人的に宮崎映画で好きなのは、やっぱり「天空の城 ラピュタ」かな~。
ハウルとソフィーの恋が、ちょっとディズニー好みすぎやしないか? なんて考えちゃったんだよね。
でも、うん、やっぱいい。ディズニーや他の3Dアニメにはない雰囲気があるもん。
マチネで500円くらいで観られたのもラッキーだったし♪


[PR]
by pixonthebeach | 2005-06-17 04:24 | music/movies/tv

デスチャが解散しちゃう!

今日ネットでニュースを読んでたらデスティニーズ・チャイルドが解散宣言したとのことだった。
結構好きだったんだけどな~(ってCD1枚も持ってないくせに。笑)。
今ヨーロッパ公演中で、7月から北米ツアーに入り、それが終わり次第解散だという。
しかも、最終公演は9月10日のここカナダ、バンクーバーというじゃないの!
チケットは今日発売…
ああ。行きたい。


[PR]
by pixonthebeach | 2005-06-14 02:26 | music/movies/tv

やっと観たぞ…

b0070589_14301385.jpg
公開されてから毎週末が来るたびに、行こうと思ってのびのびになっていたStar Wars Episode III -Revenge of Sith-
昨日やっと観に行ってきた。
もう公開から数週間が過ぎていたのと、ブランジェリーナで話題のMr.&Mrs.Smithの公開が重なっていたので劇場のお客さんはまばら。
日本での公開は来月らしいので、詳しいことは書かないけど、新しいスターウォーズシリーズの中では一番良かったという評判どおりだった。
ひとつだけ言うと、アナキン・スカイウォーカーの最後はすさまじい。ちょっとかわいそうだったなー。彼はナイーブすぎた、って感じ。
エピソード4(昔の)から全部観ていたら、「ああ、こういうつながりだったのか」と本当に納得するエンディングだった。
また昔のから観たくなってしまった。
[PR]
by pixonthebeach | 2005-06-13 14:31 | music/movies/tv

食べられないなら作ってまえ!

というわけで、長らくの間和風パスタを食べたいと思ってたんだけど、ここバンクーバー、いくら日本食のお店は多いとはいえども和風パスタの専門店なんてあるわけない。
このところ、洋麺屋 五右衛門が恋しくて恋しくて(ランドマーク店、よく行きました)…ああ、写真なんか見てたらますます行きたい!
でも無理。
なので。最近凝っているのが自分で和風パスタを開発すること。
ちょっと前に作った納豆パスタもすご~くおいしかったんだけど、写真撮りそびれた。待ちきれなかったんだもん…

で、今回はネットで検索したレシピをアレンジして「鶏肉ときぬさやのパスタ」を作ってみました。ちょっとパスタをゆですぎちゃったんだけど、なかなか美味しかった。お試しあれ。

①一口大に切った鶏肉をしょうゆ、酒、塩少々につける。
②きぬさや、たまねぎ、マッシュルーム(お好みで)、ねぎを切っておく。
③パスタをゆでる。
④フライパンでオリーブオイルを熱し、刻んだにんにくを炒める。香りがしてきたら①の鶏肉を入れて炒める。
⑤④の鶏肉に火が通ったら、②のきぬさや以外の野菜を入れる。たまねぎなどしんなりしてきたらきぬさやを加える。
⑥茹で上がったパスタを⑤に投入。パスタのゆで汁を適量入れて、粉末のだしを少々としょうゆをまたここで少し加える。塩とこしょうで味を整えてできあがり♪

b0070589_10593149.jpg

[PR]
by pixonthebeach | 2005-06-10 11:00 | カナダでやってみた

本好き

小さい頃から本が大好き。
通っていた、全校180人程度の僻地の小学校の図書室にはほぼ毎日通いつめた。
借りてもいい限度の3冊をとっかえひっかえ。
あの、小さな図書室の古ぼけた本の匂いも大好きだった。

大学に入った頃から本を読むことから遠ざかっていた。
東京で仕事しているときに、通勤電車の中で単行本程度は読むようになった。
母親が病気で倒れて、九州の実家に帰ってから、看病でしばらく仕事をせずにいたとき、家の近くに市立図書館があることに気づいた。
それから毎回限度の5冊を借りてはいろんな本を読んでみた。
お金もなかったし、看病とはいってもそうずっとつきっきりというわけでもなかったので、時間が余っていた私はそれこそ、中学や小学校以来と言っていいほどたくさん読んだような気がする。

具合が良くなってからそんな私に気づいた母が
「小さい頃から本当に本を読む子だったわね」
と笑った。

カナダに来てからも数冊読んだけれど、今読んでいるのが、これ。
Where the Heart Is



17歳の妊婦の主人公が、彼氏に見知らぬ街のウォル・マート(全米チェーンのスーパー)に置き去りにされ、そこで数ヶ月ひっそり暮らしていくというストーリーで、まだ途中なんだけど、スーパーのまん前で赤ちゃんを産んだりする。
けなげな主人公に涙を誘われてしまう。
映画化されて、日本でも「あなたのために」というタイトルでナタリー・ポートマン主演で上映されていたみたい。
果たして、ハッピーエンドで終わるのか?
[PR]
by pixonthebeach | 2005-06-07 14:03 | life....