カテゴリ:カナダでやってみた( 13 )

食べられないなら作ってまえ!

というわけで、長らくの間和風パスタを食べたいと思ってたんだけど、ここバンクーバー、いくら日本食のお店は多いとはいえども和風パスタの専門店なんてあるわけない。
このところ、洋麺屋 五右衛門が恋しくて恋しくて(ランドマーク店、よく行きました)…ああ、写真なんか見てたらますます行きたい!
でも無理。
なので。最近凝っているのが自分で和風パスタを開発すること。
ちょっと前に作った納豆パスタもすご~くおいしかったんだけど、写真撮りそびれた。待ちきれなかったんだもん…

で、今回はネットで検索したレシピをアレンジして「鶏肉ときぬさやのパスタ」を作ってみました。ちょっとパスタをゆですぎちゃったんだけど、なかなか美味しかった。お試しあれ。

①一口大に切った鶏肉をしょうゆ、酒、塩少々につける。
②きぬさや、たまねぎ、マッシュルーム(お好みで)、ねぎを切っておく。
③パスタをゆでる。
④フライパンでオリーブオイルを熱し、刻んだにんにくを炒める。香りがしてきたら①の鶏肉を入れて炒める。
⑤④の鶏肉に火が通ったら、②のきぬさや以外の野菜を入れる。たまねぎなどしんなりしてきたらきぬさやを加える。
⑥茹で上がったパスタを⑤に投入。パスタのゆで汁を適量入れて、粉末のだしを少々としょうゆをまたここで少し加える。塩とこしょうで味を整えてできあがり♪

b0070589_10593149.jpg

[PR]
by pixonthebeach | 2005-06-10 11:00 | カナダでやってみた

ダイソーデビューINカナダ!

前々から噂に聞いていた日本の100円ショップ、ダイソーについに行って来ました~!
日曜日、開店の11時前にはすでにけっこうな人が並んでいてびっくり。
日本人よりも中国人や白人の人が多く、結構人気あるのね、とまたまた驚き。
さて、お店の中は、というと、これまた日本のダイソーと同じつくり!
商品のサインも全て日本語。
そして
商品も全て日本のダイソー商品!
当たり前なんだろうけど、これだけ純粋にダイソーだなんて全然思わなかった。
感激と興奮で何から手をつけていいのかわからないくらい。
で、以下が本日の戦利品。

b0070589_5473756.jpg


和食器がたくさんあって、どれもこれも欲しくなった。
洗顔料は100円ショップのものでも、こっちのドラッグストアで売ってるものより日本人の私には合うだろうと思い購入。
しょうゆも日本製や日本ブランドのものは高いから、買っておいた。
一番うれしかったのは、写真中央の芋けんぴ!
これね、私大好きなの~~~~!
こっちじゃなかなか手に入らない上に高いので、速攻で買っちまったよ。

ちなみに、商品は全て2ドル(税込み。日本円で180円弱かな)。
日本よりは高いけど、日本製のものがこの値段で買えるっていうのはありえないので、安い買い物だったと思ってます。
ああ、これから何かあったらダイソーに決まり♪ね。
ダイソーバンザイ!
[PR]
by pixonthebeach | 2005-05-25 05:53 | カナダでやってみた

イアン・ライトのトークショーに行ってみた

イランでは。

先月、こちらで気に入っている「Pilot GUide」という旅番組があって、そのレポーターの1人、イアン・ライトが面白いという話を書いたんだけど、なんといきなりその彼本人がバンクーバーでトークショーをやるとのこと。
1週間以上前の地元のフリーペーターに載ってたんだけど、結局ぎりぎりまでチケットを買いに行くのをとまどっていて、ようやく前日になって「やばい! 明日じゃん」とチケットマスター(アメリカ、カナダ、イギリスなどのチケットぴあみたいなもんです)のサイトで検索するけど「チケットなし」と出る。嫌な予感がしたけれど、当日トークショーの会場に電話して聞いたらやっぱり
「売り切れです」
うっそお~。
会場は世界的なクラシック演奏家などもやってきてコンサートを開くような大きなところなのに、売り切れとは。
がっかりしたけれど、しょうがない。
ちょうど前売り券を買っていた友達と一緒に夕食を食べる予定だったのでとりあえずレストランへ。食べ終わった後、足がないという彼らを送って会場へ行くことになったので、いちかばちかで窓口に聞いてみると
「3枚? あるよ」
とのこと。席はステージの真横にステージに向かって垂直に並んでいる3階のボックス席。プロジェクターが見えないかもしれないといわれたけど、前売り券が25ドルだったのに対してこちらは15ドル。安いし、なかなかこんな機会はないだろうと即購入。
けっこう近かったし、トークもテレビと同じくらい面白くて、とっても良かった。

b0070589_14335029.jpg

「Pilot Guide」はイギリスの番組なんだけど、スコットランド人の友達はカナダに来るまで聞いたことがないと言っていた。実はこの番組、世界中でもカナダが一番人気があって、その次が台湾、そしてノルウェイで人気だとのこと。イアンは台湾に行くとマイケル・ジャクソンなみの扱いをされると話していた。
台湾人やカナダ人がそれだけ旅好きってことなのかな。
[PR]
by pixonthebeach | 2005-03-14 14:35 | カナダでやってみた

ビーニー第2弾

本当は第3弾で、こないだの青いやつのあとに色違いで白を作ってみた。
で、次違うデザインやりたいな~と思ってて、前からつばつき欲しいな~と思ってたんで作ってみた。
これもまた某ニット帽ブランドのパクリ。えへ。
写真みて、こんな感じかな~って適当につくったらけっこういい感じ。
ちなみにつばの部分は、何かいいのないかな~と探していて、ちょうど家にヨーグルトのプラスティックの入れ物がたくさん余ってたので適当に切り取って、ちょちょっと手を加えてできあがり☆☆☆
つばの部分がちょっと手間かかったけど、結構簡単でした。
次はどんなのにしようかなあ。
b0070589_1050306.jpg

[PR]
by PIXONTHEBEACH | 2005-03-04 10:50 | カナダでやってみた

寿司祭り第2弾

やりました。
カリフォルニアロール祭り、第2弾。
今回もumaniaさまに寿司飯を作ってもらい、カリフォルニアロール、タイ風焼きそば、サラダ、味噌汁と豪華なコラボレーションが実現しました。
おいしかったよ~~~!
次はいつにしようかな。
b0070589_15272471.jpg

[PR]
by PIXONTHEBEACH | 2005-03-03 15:28 | カナダでやってみた

ビーニー製造始めました

最近時間がたっぷりあるので、ビーニーつくりを再開。
もう春じゃん、とお思いかもしれませんが、思い立ったら吉日な性格なもんで。エヘ。
で、第一弾は↓。
えっと~、そうです、某ビーニーブランドをちょっとパクっております。笑。
日本に編み物の本全部置いてきちゃったし、棒針編みは久々なので、縄編みとかどうやるか最初思い出せなかったんだけど、適当にやったらできちゃった。わ~い。
ラベルもつけてみました。
今日もまた何個か毛糸を買ってきたのでこれからばんばん作るぞ~。

b0070589_11383453.jpg

[PR]
by PIXONTHEBEACH | 2005-02-28 11:39 | カナダでやってみた

はまるぞ、アイスホッケー!!!

NHLがストで全く試合をやらない今シーズン。
カナダ人はかなりストレスをためていたみたい。
木曜日になって、ルームメイトが「明日の夜、ホッケー観に行くんだけど」と言い出した。
え? 何何? と思ったら、NHLではないけれど、マイナーリーグWHL、バンクーバー・ジャイアンツ対カムループス・ブレイザーズの試合があるという。テレビでも結構ホッケー観戦をしていたので、これは行ってみるか、ということになった。
ま~、マイナーリーグだし、そんな人いないっしょ、と軽い気分で家を出たのだけれど、途中乗り換えたバスはすでに人でいっぱい…すし詰め状態。運転手さんは「はいはい、皆さんもっと詰めてね~。隣の人とぴったりくっついてください。ネットでデートの相手を探すより安上がりでしょ」なんていうジョークまで言い出す。乗客も大爆笑し、「はじめまして、僕はトッド・バツージ(NHLバンクーバー・カナックスの有名プレイヤー)です」なんて言い出す人も。

会場着いてさらにびっくり。なんと、予想をはるかに上回る人、人、人。その日の観客数は約12000人。やっぱり、みんなホッケーに飢えてたみたい。
さて、ゲームはいきなりジャイアンツが得点し、3対1で第2ピリオドへ。でも、第2ピリオドは1点ブレイザーズに決められ、終始守りに入る。
迎える第3ピリオド。
早々と1点を入れるジャイアンツ。残り2分でもう1点。
そして、なんとなんと残りたった3秒くらいのところで、Gordichuk選手がセンターライン間際からのロングシュート! 決まった~~~!

b0070589_10505953.jpg

会場が割と小さい(つっても10000人は余裕で入るけど)ので、コートと観客が近いし、NHLよりもアットホームで、ビジネスビジネスしていない感じ。
得点が入るたびに盛り上がり、踊る観客。
ペナルティを犯した選手には、容赦なしにブーイング。
大歓声に包まれる会場での、あの興奮は行ってみないとわからないっ!
や~、もう大興奮で、あっという間に時間が過ぎてしまった…

ちなみに今回の会場だった、現在のジャイアンツの本拠地パシフィック・コロシアムは、ちょうど10年前まではバンクーバー・カナックスの本拠地だったんだよね。
バンクーバー・カナックスといえば、去年のキムタク出演のドラマ「プライド」で、彼が最後に向かったNHLのチーム。気づいた人はいるだろうか…?

今回観たWHL(ウェスタン・ホッケー・リーグ)でのナンバーワン・チームのバンクーバー・ジャイアンツ(選手は16歳から20歳くらいまでかなり若い!!!)は、毎年多くのNHLプレーヤーを輩出しているチーム。今回のゲームで4得点を決めたBRULE選手も、NHL行き間違いないと言われている。
それにしても、アイスホッケーって、すごいね。
いろんな能力が問われるでしょ~、これって最も難しいスポーツのひとつじゃないのかな。
かっこいいです。

b0070589_10511566.jpg

[PR]
by pixonthebeach | 2005-02-20 10:51 | カナダでやってみた

100円ショップ VS 1ドルショップ

日本の100円ショップと同様、カナダにも1ドルショップなるものが存在する。
でも、その質、品揃えともに日本のダイソーなどといった100円ショップにはとてもおいつかない。というのも、バンクーバーのことしか知らないが、ちょっと前まで、全て1ドルなんてお店はどこにもなかった。
ん? 1ドルショップかな? と入ると、普通に5ドル10ドルなんてものも売られていたりして、「あれ~?」なんてお店を出て看板を見ると「Dollar and more Shop」(この”and more”の部分が小さい字で書いてあったり)だとか、「Loonie(カナダでは1ドルコインをLoonie=ルーニーと呼ぶ)Plus」(これも”Plus”の字が小さい)なんて書いてあって、とってもまぎらわしい。

でも、うちのそばに幸い全て1ドル(あるいはそれ以下)というお店がある。
もちろん、常連。
一通り、なんでもある。食器なんかも普通だし(でも日本のがおしゃれかなあ)たまに2つで1ドルなんて掘り出し物もあるし、食料品も結構ある。コスメはちょっと怪しいかな~って感じするのでいつもパス。キャンドルの品揃えが豊富で、結構いいのがたくさんあるかな。

そんなこんなでお世話になってるけど。
でもやっぱりダイソーなんかのがいいんだよな~。
ユニクロとダイソー。
恋しい。
ダイソーはリッチモンドにあるらしいので、後はユニクロ。
バンクーバーにできたら儲かると思うんだけど。
イギリスにはできたって聞いたような気がするんだけどな。

b0070589_8102631.jpg


今日の戦利品。ワイヤーのカゴはしっかりしていていいつくり。ゴム手袋は、食器洗いで手が指紋が見えないくらいかさかさに荒れちゃったので。あとはドアにかけて使うフックとオレオクッキーまがい。「オレオチーズケーキ」を作りたいけど、本当のオレオ今高いんだもん。
ま、チーズケーキに混ぜちゃえばあんまり変わんないだろ。
[PR]
by pixonthebeach | 2005-02-04 08:17 | カナダでやってみた

カナダのスターバックスで働いてみた その④

私が働いていたお店は、ダウンタウンの中心部にあったため、とにかくいつも忙しかった。観光客、地元の常連客などで常にいっぱいで、クリスマスの時期にはカナダ国内で1、2位を争うほど売り上げがあったとか聞いた。

そして、セレブに遭遇する確率が非常に高かった・・・・・・
キャメロン・ディアス、アーノルド・シュワルツネッガー、グウィネス・パルトロウ、フレンズのマシュー・レブラン、名前を覚えてないけれど、スーパーモデル、有名スポーツ選手、などなど全部見たわけではないけれども、私がこのお店で働いていたときにきたスターはたくさん。
シュワちゃんなんかは、ちょうど映画「シックスデイ」の撮影期間中で、1ヶ月くらいしょっちゅうお店に来ていた。そのうちマネージャーと仲良くなってエスプレッソマシンでエスプレッソを作ったりしたといっていた。

ある日夜のシフトで働いてたときに、背の高いアフリカンアメリカンの男性がやってきた。さりげないけれど、高そうでおしゃれな服装、身のこなしもなんだか人とちょっと違う。
「ひゃ~、この人かっこいい~」
なんてちょっぴり思いながら、オーダーされたコーヒーフラップチーノ(ベンティサイズ)を4つ、作って手渡す。颯爽とお店を出て行く背中を見ながら、一緒に入っていたスタッフが近づいてきて、言った。
「今の人、ショーン・ウェインだったの、わかった?」
「え? 知らん」
そのときの私は全然知らなかったんだけど、ショーン・ウェインといえば、実はマーロン・ウェインやデイモン・ウェインといったウェイン兄弟の1人で、一番有名どころ。「Scary Movie(邦題”最終絶叫計画”)シリーズや、昨年は「White Chicks」といったコメディにも出演している有名俳優さんだったのだ。



なるほど・・・・・・いや、さすがセレブはやっぱり違うんだ~と納得。オーラというか、華があった。
歌手のサラ・マクラクランもなんかきれいな人だな~ってすぐわかったもんなあ。
[PR]
by pixonthebeach | 2005-01-08 09:58 | カナダでやってみた

カナダのスターバックスで働いてみた その③

スターバックスにはユニフォームというものは存在しない。緑か黒のエプロンのみ。お店によって黒と緑と色が違うのにも理由があって、そのお店がドリンクの販売にすごく力を入れている場合は緑、ドリンクだけじゃなく豆やそのほかのスターバックス商品の販売にも力を入れてるお店は黒のエプロン、とかそんな話を聞いた。でも今はそういう区別も特別ないとかって言ってたような気もするけど、そのときのうちのお店は緑。

基本的に、上は白か黒の襟付き、もしくはタートルネックのシャツ、下は黒かベージュのパンツ、ショーツ、スカートなら何でもOK、ただし、膝上10センチ以上のものはダメ、靴はサンダルのようにつま先やかかとが開いているものはダメ。タトゥーが見えるところに入ってたらダメ、顔のわかりやすい部分にピアスが入ってたらいけないし、耳のピアスも1つまで、髪ははナチュラルな色(派手な色はNG)・・・・・・などなど、アメリカベースの会社にしては服装規定がかなり厳しくてびっくり。

気になるスタッフ割引に関しては、シフトが入っている日には、お店に来たとき、帰るとき、休憩のとき、好きなだけ好きなドリンクが無料で飲めた。例えば8時間のシフトで入ってたら、朝お店に来てまずヘーゼルナッツアメリカーノ、2時間後の15分休憩のときにキャラメルマキアート、2時間後のランチでアイスティー、2時間後にまたアイスティー、仕事終わって帰るときにキャラメルフラップチーノ、といった具合にね。サイズも何でもいい。ペイストリーや他のグッズ、シフトが入ってない日のドリンクは30%オフ・・・・・・そして、一番良かったのは、毎週1パウンド(大袋1つ)のコーヒー豆、あるいは紅茶1箱がもらえるってこと。スターバックスパートナーに豆の味を覚えて欲しいとかなんとかいう理由で。私は毎週ハーフパウンド2袋の豆をもらい、日本に持って帰っておみやげにしてたな。

そんなわけで、ほぼ毎日何杯かはスターバックスのコーヒーを飲んでいたので、最後のほうはちょっと飽き気味
[PR]
by pixonthebeach | 2005-01-06 12:48 | カナダでやってみた